平田花園について
 
佐賀県唐津市でカーネーションを専業で栽培しています。
戦後間もない昭和30年代前半より菊の栽培を始めました。その後高度経済成長の中、生活も文化、習慣も欧米化が進み、昭和40年代前半よりカーネーションの生産を開始しました。
生産を開始してからは、規模拡大、販路の多角化を重ね現在は栽培面積1600坪、栽培品種は約60品種、出荷本数約60万本です。出荷先も地元出荷はもちろん、札幌、東京、沖縄など全国の主要市場へ出荷しています。

平田花園の経営理念は “あなたの人生飾りたくて…”
“あなた”とは、平田花園のカーネーションを楽しんでいただく消費者の方々はもちろん、平田花園のカーネーションの魅力を何倍にも引き出していただく花屋さん、御提案したいカーネーションをつくるために様々な御協力いただいている協力会社様、そして、日頃から平田花園で励んでくれている従業員の皆様、つまり、平田花園に関わるすべての方々です。
 
平田花園は、そんな“あなた”の人生のお役に少しでも立ちたいと考えています。もっとお花を身近に、もっとカーネーションの魅力を知っていただきたいという思いから、一般の消費者の皆様そしてパートナーである生花店様へのカーネーションの販売を開始いたします。

また、大変御好評いただいているフラワージュエル『瞬美』に加え、生花の花びらが散りばめられたピアスやペンダントなどの新しいラインナップも加わりました。 そして、新たに2017年11月に潤い成分たっぷりのカーネーション花エキスを配合したスキンケア商品『like a mother』を新発売いたしました。 生花とは違う、全く新しいカーネーションの楽しみ方の御提案です。自分使いはもちろん、花言葉に想いを込めて様々なシーンで大切な方に送ってみてはいかがでしょうか。

平田花園はこれからより一層愛されるカタチになれるように真面目に事業に取り組んで参ります。
 
ごあいさつ
 
平田花園の平田憲市郎です。 私は高校卒業後、東京農業大学農学部農学科へ進学、卒業後は札幌卸売市場、ホテルニューオータニ札幌での研修を経て、カーネーション生産者の三代目として就農しました。
時代の流れにあわせて変えていかなくてはいけないところ、また守っていかなくてはいけないところを日々自問自答しながら仕事に励んでいます。
生産については、これまでの生産者の作りやすい花を栽培し、高品質の花を提供するいわゆる、“プロダクトアウト”ではなく販売する地域、業種や消費者の皆様のニーズを取り入れて高品質な花を提供する“マーケットイン”を意識してお客様から期待される生産者を目指しています。
 
“いいものが売れる、のではなく、売れるものがいいもの”というマーケットインをしっかりと意識し、お客様からのニーズと差別化を図るために、平田花園では大輪のカーネーションは満開での出荷、スプレーカーネーションは咲いた花の脇についている孫芽を完全に摘んで出荷いたします。
また、平田花園では“いつ開けてもどの箱開けても同じ品質”を目指しています。
“安心・安全”ではなく、“安心・安定”を心掛けています。
収穫後、出荷調整での選別では同じ等級でも等級内で品質に差が出てきます。
平田花園ではハウス内で規格、品質の均一化の管理を徹底的に行っておりますので、収穫後の選別は原則行っておりません。
これからも信用あるカーネーションの生産と平田花園づくりに励んでまいります。
そして、皆様への感謝の気持ちをカーネーションでカタチにします。
 
平田花園の約束
 
1. 収穫後、冷蔵保存せずに24時間以内に出荷します。
 
カーネーションは温暖なハウスのなかで成長します。
収穫後、鮮度保持のために冷蔵することはカーネーションにとってストレスだと考えます。
平田花園では冷蔵庫を所有しません。なるべくストレスのない状態でお客様のもとへ届くように心がけます。
2. 孫芽はハウス内ですべて摘みます。
 
不要な芽や、スプレーカーネーションの孫芽など咲かない芽を摘むことでその分の栄養で花を強く大きくします。
たくさんの栄養が花にわたるように栽培中、早い段階で摘みます。
3. 正しい方法で薬剤による前処理をしています。
 
日頃の栽培管理で元気に咲いたカーネーションをより長く楽しんでいただくために、収穫後薬剤による正しい前処理を行っています。
(ハイフローラコンクで1000倍希釈、8時間以上処理)
平田花園 - hiratakaen -
〒847-0085 佐賀県唐津市和多田本村2463-9
TEL. 0955-67-4877
FAX. 0955-67-4179